マスカットフェア ワイン紹介⑦ モンテリアーナ モスカート・ヴィーノ・スプマンテ・ドルチェ (イタリア/ヴェネト州)

 イタリアはヴェネト州。ミラノから北に30km程度上がると、イタリアの誇るスパークリングワイン「プロセッコ」が生産される土地に辿り着きます。今回のマスカットワインは、プロセッコのメーカーによって造られるスパークリングワインです。

 ここのメーカーが主力商品とするプロセッコは「グレラ」というブドウで造られる辛口のスパークリングワイン。でも、今回のこのワインはモスカート(=マスカット)から造られる甘口スパークリング。メーカーのホームページ内、プロセッコについての紹介がずらり多数並ぶなか、なんだかひっそり佇んでいるワインです。


 特にといって際立った特徴の無い何かについて説明や謳い文句を付与するのはとても骨の折れることです。道の端に落ちている石ころに重要な意味を見出そうとするのとどっちが大変かな、、、。 評価や勲章が示されているものは世に多くあれど、勿論全部についてではありません。それに、知らない人が評価した何かだから、結局なんかよくわからんけどいいらしいってとこに落ち着く(こともある)。やっぱり何かに説明をつけるのって凄く難しいよ。


 モスカートで造られるスパークリングワインの素晴らしい特徴の一つに、「ぽわん」と真ん丸な形をした味わいが挙げられます。軽く柔らかくも弾力のある、固めにしっかり泡立てた生クリームやメレンゲみたい。舌の上にポンと載る感触はモスカート独特の味の形です。

 イタリアだけ見ても、モスカートで造られるスパークリングワインは沢山あります。モスカート・ダスティ、アスティ・スプマンテ、その他名も無いモスカート・スプマンテ。今回のワインは完全に「その他名も無い・・・」にカテゴライズされるものです。名前くらいはあるけど、身分は無いかな。


 だったら他のスパーリングワインでもいいかなというと、そうかもしれないけど、それでもやっぱりこれはいいワインだなと思う。しっかりとした糖分を持ち、いきいきとした甘みの主張がある良いマスカットワイン。純粋な香りだちを口の中でコロコロ転がして楽しめるところは、プロセッコとお揃いです。


仔鹿

はじめまして、仔鹿です。 京都の路地裏のお店で、ゆっくりとした時間に寄り添うワインを売っています。 隅っこでは珈琲を淹れています。 実家の部屋に帰るように、のんびりとこもりに来てください。

0コメント

  • 1000 / 1000